T-RackS 5『TR5 De-Esser』親切な機能が付いた分かりやすいディエッサー! 使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 De-Esser 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマルチバンド・ディエッサーIK Multimediaの『TR5 De-Esserの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 De-Esser 使い方レビュー

まずはひとこと。

ディエッサーの欲しい機能がたくさん!

特 徴

  • 機能がたくさんあるディエッサー・プラグイン。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 De-Esser』というプラグインです。

ディエッサーとは、ボーカル歯擦音を抑えるために作られたエフェクターで、名前の意味は「エスを消す」という意味です。

サ行やザ行「さ・し・す・せ・そ」「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」発音の時の耳障りな音を歯擦音といいます。

それを抑えるためのディエッサーは、たくさん出ていてどれもシンプルなものが多いですが、このTR5 De-Esser』はシンプルの中に欲しい機能をしっかり押さえていて、とても扱いやすいプラグインになっています。

ディエッサーの機能がどのくらいかかっているか、スペクトラム・アナライザLISTENモニターリアルタイムで確認できるので、調整の設定がかなりやりやすくなっています。

機能的にはダイナミックEQと同じですが、ディエッサー歯擦音処理の専用エフェクターとしてピンポイントで調整できるので、歌の処理の時は必ずディエッサーは使います。

TR5 De-Esserの使い方

TR5 De-Esser 使い方レビュー

De-Ess」・・・ディエッサーのかかり具合の強度を調整します。
右のメーターを見ながらリダクションを調整するとやりやすいです。

❷ Release」・・・ディエッサーがかかった状態から元に戻る時間を設定します。

❸ 2BAND」「3BAND」から選択でき「2BAND」では設定以上をシェルピング、「3BAND」では設定間のベルタイプで調整ができます。
ボーカルのエア部分を残したい場合は、ピンポイントで歯擦音をリダクションさせます。

dB/Oct」・・・Qの角度を選択でき、かかり方のナチュラルさを調整できます。

RANGE」・・・狙う周波数を調整できます。「3BAND」の場合はしきい値の間隔を調整します。

LISTEN MODE」・・・モニターを切り替えることができます。
「NORMAL」でエフェクト後の音で、普段はここに設定します。
「DE-ESS」でディエッサーのかかっている部分だけ聴くことができます。
「BAND」で狙っている帯域の部分だけ聴くことができます。

DE-ESS TYPE」・・・「SOFT」を入れるとかかり方がゆるくなります。

ココが好き!

ディエッサー効果の音をチェックができるのは嬉しい!

目で見て分かりやすい!

気になった点…

もっと極端にかかっても、他に用途があるかも…。

こんな方にオススメ!

  • 歌入りのミックスまでする人
  • ディエッサーのお気に入りがない人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「親切なディエッサー」といったところでしょうか?

ディエッサーはシンプルなものが多く、EQやアナライザを併用しながら調整することが多かったですが、このプラグインは調整が分かりやすく、初心者の方も安心して使えると思います!

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 De-Esser」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム