『PASSIVE EQ』マスタートラックにぜひ使ってみてください! 使ってみた・使い方レビュー

DTM PASSIVE EQ_使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はパッシブイコライザーNative Instrumentsの『PASSIVE EQの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

PASSIVE EQ_使い方レビュー

 

まずはひとこと。

すっごくナチュラルに上がる高域!

特 徴

  • Native Instrumentsの人気バンドル「KOMPLETE」シリーズの中のプラグイン。
  • ナチュラルな調整が可能のパッシブタイプのEQ。

使ってみた感想

今回紹介するのは、Native InstrumentsPASSIVE EQというプラグインです。

Native Instruments人気バンドル「KOMPLETE」シリーズULTIMATE以上グレードの中に入っている、パッシブタイプEQです。

Native Instrumentsプラグインの中には、Softubeとの共同開発されたプラグインがたくさんあります。

このSoftubeとの共同開発シリーズがとても高品質で、評判通りとても良いソフトだと思います。

  • VC 160
  • VC 2A
  • VC 76
  • VARI COMP
  • ENHANCED EQ
  • PASSIVE EQ
  • RC 24
  • RC 48

その中で特によく使うのが、今回紹介する『PASSIVE EQ』です。

マスタリング用に最適のパッシブタイプEQで、最終的な調整をナチュラルに、音楽的に、破綻することなく調整することができます。
MANLEY Massive Passive Stereo Tube EQを連想させるシンプルエディットで、分かりやすく最適な効果を得ることができます。

操作は見た目のまんまで、LRオーバーラップができる4バンドに別れた帯域別を調整できます。

上から

  • 調整のオン・オフ
  • 「BOOST」か「CUT」の設定
  • Qの幅・タイプ
  • 狙う周波数
  • リンクかデュアルか

そして、真ん中のパラメーターで、「LP」(ローパス)「HP」(ハイパス)を調整できます。

簡単な操作でとても綺麗に「スッキリ」「クッキリ」できます。

マスタートラックに使用する頻度は高いです。
マスターEQはこのくらいシンプルEQベストです。

真ん中上の切り替えスイッチでは、MS用の設定にすることもできます。

ココが好き!

過度な調整も全く耳が痛くならない!

イメージ通りに音の調整が動いてくれる!

操作性も良い!

気になった点…

CPU不可が重いので、マスター以外にたくさんはなかなか使いづらい…。

こんな方にオススメ!

  • マスタリングまでする人
  • パッシブEQに興味がある人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「マスターEQに最適なパッシブEQ」といったところでしょうか?

Native Instrumentsの人気バンドル「KOMPLETE」シリーズに入っているプラグインなので、持っている人は多いと思います。
しかし、EQやコンプはNative Instrumentsのソフトを、あまり使わないという人が多いです。

Native Instrumentsは人気があるだけあって、プラグインの良いポイントは抑えてあります。
ひと通り揃っているので、使って特徴を確かめる価値はあると思います。

今回は、「PASSIVE EQ」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム