『MODO BASS』は即戦力!使ってみたレビュー

DTM MODO BASS レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はベース音源ソフト IK MULTIMEDIAMODO BASSの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

MODO BASS レビュー

まずはひとこと。

 使いやすくて即戦力!! もう手放せない!!

特 徴

  • フィジカル・モデリングによるエレクトリック・ベース音源.そのためCPUへの負荷を低減
  • ピックアップなどパーツまでカスタマイズが可能
  • いろんなジャンルに対応できる14機種のベースをモデリング。
  • AmpliTube譲りの高品位なアンプシュミレータを使用
MODO BASS エディット
音作りまで完結できるエディット。

使ってみた感想

ベースソフト音源ですが、なんと言ってもモデリング音源でここまで生っぽさを表現するのはすごいと思いました!

同じシリーズドラム音源ソフトMODO DRUM」もモデリング音源でほぼほぼ作られています。

何と言っても、細かいエディットマニアックベーシストにはたまらなく楽しいです。

モデリング音源なので、音色選びのロードが早くて作業効率が上がります。

エディット画面では「ピッキングの弾く位置」や「ピックアップの位置」や「弦の古さ」まで選べて楽しいです!
エフェクトで音作りというよりこの辺りのニュアンスで音を作った方がイメージに近づけられます!

アンプ、コンパクトエフェクターなどのシミュレーターもあるので、エディット内で音作りを完結できますが、僕は「AMP」は「0」にして「DI」の出力で、DAWの方でアンプシュミレーターを通して使っています。

ドロップチューニングができるのが便利です。
メタル系のベースだと最高「Aチューニング」まで可能!

生ベースを録る前のラフ作りも素早くできます!

MODO BASS エディット MODO BASS エディット MODO BASS エディット MODO BASS エディット

見るだけで楽しいベースコレクション

ココが好き!

タッチノイズ、ゴーストの音の調整が絶妙!

いろんな種類のベースをサクサク選べて楽しい!

気になった点…

中低域辺りの「ムチッ」とした感じがもう少し欲しい…。

こんな方にオススメ!

  • ベーシスト、あるいはベース機材が好きな人
  • 作業効率を上げたい人
  • まだベース専用音源の持っていない人
ま と め

「MODO BASS」はDTMerにとって、とても製作意欲が湧く音源だと思います。
細かいセッティングが楽しくて、ゲーム感覚でベース音色を作れます。
ピックアップや弾き方によっての音の変化などがわかって、ベースを勉強したい方にもオススメです!
僕はもう手放せないソフトです。

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム