『GTR3』は永遠の相棒!使ってみたレビュー

DTM GTR3レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はアンプシュミレーター wavesGTR3の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

GTR3レビュー

 

まずはひとこと。

 使いやすい、永遠の相棒!!

特 徴

  • オールジャンルに対応できるアンプ、ストンプの種類
  • スタンドアローン起動も可能
  • 長く愛用ユーザーが多い定番シュミレーター

 

使ってみた感想

GTR3」は最初に手にしたアンプシュミレーターというDTMerも多いはず。
(僕もその一人です。)
みんな大好きなwavesのバンドルの中に入っているということで、持っている人はかなりいると思います。

「Fender」「Marshall」「Mesa/Boogie」「Vox」の系統の音は作れます。
エフェクター(ストンプ)、ベースアンプもあるので、バンドザウンドの曲を作る時は一通り音作りは出来ると思います。

19種類のギターアンプ
7種類のベースアンプ
22種類のキャビネット
26種類のストンプ

 

長い間使ってきたというのもありますが、とても使いやすく動作も軽いです。

ほかの楽器と馴染(なじ)みやすくて、ジャンルによってはいい使い方ができます。

今でもたまに個性的な音作りをしようとする時活躍します!
ストンプも把握(はあく)しているので、飛び道具のシンセの音作りなどに使ったりもします!

プリセットでいろんな音色が選べます。
選び方もわかりやすくてそこから理想の音が調整できます。

チューナが使いやすい!

 

GTR3アンプ GTR3アンプ GTR3アンプ GTR3スタンプ GTR3スタンプ

ギタリストならきっとワクワクするコンパクトエフェクターが揃ってます。

 

ここが好き!

使いやすく理想の音にすぐ近づける!

ストンプが豊富でいろんな音を試せる!

気になった点…

音の抜けがもうひとつ…。

 

こんな方にオススメ!

  • まだアンプシュミレーターを持っていない人
  • 低価格(セール時)で全て揃(そろ)うものを探している人

 

ま と め

僕自身も大変お世話になっているアンプシュミレーターです。
未だに「こんな音ですぐに録音したい」と思った時に「GTR3」を使っています。

DAWに付属しているアンプシュミレーターしかもっていないなら「GTR3」を手に入れると一気にできることが広がります!

wavesはセールがよくあるのでその時を狙(ねら)って購入すれば損はないと思いますが、wavesの製品はEQ、コンプなど全て使えるのでバンドルセットをセール時に購入すれば、間違いなく損はないです!!

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム