Overloud『GEM OTD-2』音質の良いタップ・ディレイ! 使ってみた・使い方レビュー

DTM GEM OTD-2 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はタップ・ディレイOverloudの『GEM OTD-2の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

GEM OTD-2 使い方レビュー

 

まずはひとこと。

音が良いタップ・ディレイ!

特 徴

  • Overloudの人気のGEMシリーズのタップ・ディレイ。
  • 6つのタップをステレオで細かく調整

使ってみた感想

今回紹介するのは、Overloudの『GEM OTD-2』というプラグインです。

タップ・ディレイはおしゃれな音作りにとても便利で、ビンテージな雰囲気から現代にも使えるエフェクターです。

セッティング次第で面白い効果音や、独特な空気感、伸びのあるリバーブ感まで作れます。

今回のGEM OTD-2』はすごく細かいところまで調整できるプラグインで、ディレイ音の質感がすごくいいです。
しかし、音作りのイメージに合わせていこうと思っても、なかなかむずかしいプラグインでもあります。

ひとつひとつの機能はものすごくよくできていろんな設定ができるのですが、何か調整するとバランスが崩れがちで、すべてを使いこなすには少し時間がかかるかもしれません。

プリセットの数は多い方ではないですが、的確に用意されているのでプリセットを基準にまずは覚えていくと良いと思います。

GEM OTD-2 使い方レビュー

『GEM OTD-2』 使い方

GEM OTD-2 使い方レビュー

・・・「INPUT」LEVELで入力音量を設定します。
信号が「モノラル」か「ステレオ」をスイッチで設定します。

・・・「OUTPUT」DRYとWETを別々で音量を調整できます。
これがとても便利で音作りがしやすいです。
DRYを絞ってディレイ音だけで音作りができるので、とても便利です。
欲をいえば、それぞれバイパスボタンがあるともっとやりやすいと思いました。
AGE ORIGINALのツマミも音の質感に大きく影響します。
NEW側に振ると高音のキンキンした成分が増え、OLDに振ると角が取れる感じです。
どちらの質感も良く、歪んだギターなんかもベストなディレイ音に調整できます。

・・・「TAP ASSICN」最高で6つLRにディレイ音を設定できます。
両端のスイッチでLかRを選択して、文字をクリックでオンオフができます。
LINKを外せば 6×6 の12音を組み合わせて設定できます。
下の「QUANTIZE」ではディレイ音をリズムの音符に合わせることができます。
「ORIGINAL」に振り切れば効果はなしですが、「EVEN」に回していくと徐々にリズムが四捨五入されていきます。
こちらの設定でも音質に影響を与えます。

・・・「REGENERATION」こちらをオンにするとタップ・ディレイ音にショートディレイ効果を加えることができます。
設定によって、より複雑な繊細な残響音を作ることができます。
ここのHI CUTやSTEREO MODEでも質感が変わってきます。

・・・「DELAY」ディレイ音の長さや揺れの設定ができます。
MODEでSTANDARDにすると短いディレイ、WIDEにすると長いディレイになります。
SYNCではDAWのBPMに合わせて、音価の設定で調整ができます。
FIXEDでディレイタイムが変わってきますが、ピッチ感も変わってきます。
MIXで音を揺らす度合いを調整しますが、SWEEP/SWEEP MODで揺れの速さを調整して、この辺でも音の質感を変えることができます。


上記の説明のように音質が変わる要素のパラメーターが多いので、なかなか調整がむずしいですが、深いところまで追い込めて、なおかつ音質が良いので扱えるようになればかなり良いプラグインだと思います。

ココが好き!

音質がいい!

DRYとWETの操作がセパレートされている!

気になった点…

スイッチが小さくて捉えにくい…。

音作りがむずかしい…。

こんな方にオススメ!

  • 80年代のディレイ感が好きな人
  • いろんなタイプのディレイが欲しい人
ま と め

まとめとしては「音質の良い、機能のたっぷり入ったディレイ・プラグイン!」といったところでしょうか?

タップディレイは個人的には面白い音作りによく使います。
ちょっと操作がむずかしいかもしれませんが、音質は気持ちいいです。

今回は、Overloudの「GEM OTD-2」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム