Soundtoys「Decapitator」わかりやすい便利なサチュレーター!使ってみたレビュー

DTM Soundtoys「Decapitator」レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はサチュレーター Soundtoysの「Decapitatorの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

 

Soundtoys「Decapitator」レビュー

 

まずはひとこと。

 こうすればこうなるサチュレーター!

特 徴

  • 人気メーカーSoundtoysのサチュレーター
  • シンプルかつ簡単操作でサチュレーションを調整
  • いろんなタイプのサチュレーションを

使ってみた感想

人気メーカーSoundtoysDecapitatorサチュレーション効果をつけることができるプラグインです。

使った感触はシンプルで、つまみを回せばその効果がわかりやすく増えて、ボタンを押せば効果がわかりやすく変わるという、サチュレーション効果を使ってみたい初心者の方にもおすすめです!
しかし、プロの方もたくさん愛用している人が多く、とても人気のあるサチュレーターです。

いろんなタイプサチュレーションを作れるのでオールマイティドラム、ベース、ギター、シンセ、ボーカルどの楽器にも効果的サチュレーションをつけてくれます。

僕の使い方の流れは、効果の量楽器によって下にあるボタンSTYLEを選んで、「DRIVE」で歪(ひず)みの量を調整、LOW CUT」「TONE」「HIGH CUTで歪みの特徴を作りMIX原音と混ぜ合わせるという流れです。

「STYLE」ボタンは以下のモデリング頭文字なります。

A・・・Ampex 250
E・・・EMI TG Channel
N・・・Neve 1057
T・・・Thermionic Culture Culture Vulture(Triode)
P・・・Thermionic Culture Culture Vulture(Pentode)

それぞれが有名な実機各メーカーモデリングプラグインを出しているので、馴染(なじ)みのある人はたくさんいると思います。
一台でいろんなタイプのサチュレーションが選べるのでサクッと音作りするにはとても便利です

ちなみに左上のPUNISH「ON」にするとさらに歪みが増幅します。
左下の「THUMP」を「ON」にすると中低域パワー増幅します。
右下の「STEEP」を「ON」にすると「HIGH CUT」の指定した箇所にレゾナンスがかかりキャラが強くなります。

「STYLE」別でドラムしてみてください。
(「DRIVE」3、「MIX」7、で「LOW CUT」「TONE」「HIGH CUT」は無しの状態です。)

 

サチュレーション効果前

 

「A」を押したサチュレーション効果

 

「E」を押したサチュレーション効果

 

「N」を押したサチュレーション効果

 

「T」を押したサチュレーション効果

 

「P」を押したサチュレーション効果

 

「P」の状態で「PUNISH」を「ON」

 

Decapitatorは他のサチュレーターと比べて結構ガッツリかかるので、僕は「MIX」原音を結構出して使うことが多いです。
もちろん思いっきりサチュレーションサウンドにする場合はかけ方が違います。
そういった個性的なサウンドを作る時にもDecapitator重宝します!

 

ココが好き!

これ一台でいろんなタイプのサチュレーション効果が手軽にかけれる!

気になった点…

特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • 何かサチュレーター・プラグインが欲しい人
  • ミックスの幅に広がりをつけたい人

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「便利な家電サチュレーター」といったところでしょうか?

このサチュレーターが一台あれば、いろんなサチュレーション効果が使用できるということで便利家電という表現をしました。
同じようにいろんなタイプのサチュレーション効果を扱えるsoftubeHarmonicsもおすすめです。
しかし、わかりやすく大きな効果を求めるなら「Decapitator」の方が良いかもしれません!

今回は、「Decapitator」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

マサツム