『AmpliTube 4』の歪み迫力!使ってみたレビュー

DTM AmpliTube 4 レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はアンプシュミレーター IK MULTIMEDIAAmpliTube 4の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

AmpliTube 4 レビュー

 

まずはひとこと。

 ワクワクする、ギターレーコーディングゲーム!!

特 徴

  • 公認の実機モデルが豊富
  • マイク、スピーカー、Roomまで細くカスタマイズが可能
  • 長く愛用ユーザーが多い定番シュミレーター

 

AmpliTube 4 エディット
レコーディングがイメージ出来るEDIT画面

使ってみた感想

アンプシュミレーターはたくさん世の中にありますが、「AmpliTube」シリーズはその中で大定番、一番人気?があるシュミレーターだと思います。
レコーティングで音作りをしている感覚になれます

初めて音を出した時の感動が忘れられません!
とてもよくできたアンプシュミレーターだと思います!

DAWのプラグインとしての使用はもちろん、スタンドアロン、8トラックのレコーダーとしても使用できます。

グレードは3段階に分かれていて最上位(MAX)になると膨大な数のアンプ、エフェクターが使えます。

  Amplitube4 Amplitube4 DX Amplitube4 MAX
アンプヘッド 9種類 25種類 80種類
キャビネット 10種類 29種類 92種類
コンパクトエフェクター 10種類 33種類 88種類
ラックエフェクター 2種類 15種類 24種類
マイク 4種類 12種類 19種類
チューナー 1種類 1種類 2種類

 

音の硬さ → マイクの位置
音の厚み → マイクの距離
音の立体感 → マイク2本のバランス
音の馴染ませ方 → Room選び

大まかに分けていますが、こんな感じで音作りが調整できますが、マイク、スピーカの選択によって、さらにイメージに近づけることができます。

 

AmpliTube 4 エディット AmpliTube 4 エディット AmpliTube 4 エディット AmpliTube 4 エディット

出来ないことはないというくらいのEDIT。エフェクターもどんなジャンルにも対応できる種類。

 

ここが好き!

音作りのイメージに近づけやすいEDIT!

再現度の高い実機(じっき)モデルにワクワク!

チューナーが使いやすい!

 

気になった点…

ハイの成分がたまにデジタルっぽさを感じてしまう…。

 

 

こんな方にオススメ!

  • ギターレコーディングが好きな人
  • マーシャル系の音が好きな人

 

ま と め

僕自身も好きなアンプシュミレーターです。
音作りにこだわると楽しくて1日終わりますwww。

「…デジタルっぽさを感じてしまう…」と書きましたが、いろいろアンプシュミレーターを使った中では、実際のアンプから録音した時の感覚に近いと思いました!

僕は派手めなサウンドの時は「Amplitube 4」で音作りをしています。

Amplitube 4 MAX」の最上位グレードによく使っている音が入っているので、思い切ってMAXにするのがオススメです!

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム