DTM音楽用語134「ボコーダー」とは?

こんにちは。マサツムです。

歌のないインストゥルメントなど、楽器のような声が入っていることがあります。
古くからたくさんのアーティストが使ってきたボコーダーは、今でもDTMで重宝され続けています。

今回は「ボコーダー」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ボコーダー」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ボコーダーとは?

ボコーダー(Vocoder)とは、 声機械音に変えるシンセサイザーエフェクターのことをいいます。

声(voice)符号化(corder)するという言葉をくっつけた造語で、「ボコーダー」あるいは「ヴォコーダー」といいます。

言葉で説明してもどんな音声か伝わらないかもしれませんが、実際に聴いてみると聴き覚えのある声だとわかると思います。
入力されたフォルマントが加えられ、機械のような重なり方をして、いわゆる「ロボットボイス」になります。

もともとは音声通信圧縮するために作られた技術でしたが、その技術を応用して1970年代後半から楽曲でも取り入れられるようになりました。
テクノに使われている印象が強いですが、当時いろんなアーティストが使用するようになりました。

現在もDTMプラグインソフトを使って、効果音としてもボコーダーが使われます。

ボコーダーの作り方

ピッチ編集ソフトサンプラーソフトなどでもロボットボイスは作れますが、専用の機材を使うのが一般的なやり方です。
ボコーダーの機能を使った面白いサウンドが作れる機材もたくさんあります。

ボコーダー機能つきシンセサイザー

ボコーダー機能のついたシンセを使う場合、付属のマイクを出力します。
その時、音程は無視されて、押している鍵盤周波数が出力されます。
ロボットボイスの演奏ができます。

ギターベース用ボコーダーエフェクター

ギター、ベース用ボコーダーもあります。
楽器マイクどちらもインプットして、マイクからを出せば、楽器を弾いた周波数との加工音ロボットボイスが出力されます。
ライブでも積極的に使えるエフェクターです。

DTMにボコーダープラグインソフト

プラグインソフトを使えば、いろいろな効果を加えることができる、イマドキ風のボコーダー効果をつけることができます。
ボーカル用エディットプラグインは簡単にボコーダー効果が作れて便利です。

ボコーダーを使った名曲

Let’s Groove(アースウィンド&ファイアー)

誰もが聴いたことのあるボコーダーフレーズ。
「生麦生卵」と聴こえるで有名なフレーズです。

The Robots(クラフトワーク)

テクノポップ流行の立役者。
ドイツのアーティストですが、日本が大好きで、クラフトワークの曲の中に日本語の単語がたまに出てきます。

テクノポリス(YMO)

全世界に影響を与えた日本を代表するアーティスト、イエロー・マジック・オーケストラ。
ボコーダーをたくさん活用していました。

ま と め

その時代その時代でいろんな機材や音作りが流行して、今につながっているんだなと改めて思います。

ボコーダーは70年代後半にとても流行りましたが、今でもかっこよく新鮮に聴こえるから音楽は面白いです。

今回は「ボコーダー」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム