DTM音楽用語118「スラップ奏法」とは?

こんにちは。マサツムです。

バンドの中、音楽の中で重要なベースなのに、地味に見られがちなベーシスト。
ずっと音楽を続けていると、ベースの重要性がどんどんわかってきますが、ベースをやるならギターをしたいという人がたくさんいます。

しかし、ベースがとても目立ち、圧倒できる奏法があります。

今回はそんな「スラップ奏法」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

スラップ奏法」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

スラップ奏法とは?

スラップ奏法(Slap playing method)とは、「打つ」という意味があるように、を叩いてを出す奏法のことをいいます。

ベース奏法のひとつで、日本では「チョッパー」(chopper)という方が馴染みがあるかもしれません。

ベースパーカッションの要素を加えて、よりリズミカルテクニカル演奏になります。
見せるベースとしてとても良い奏法ですが、リズム感技術がかなり必要な奏法です。

昔からファンクでよく使われて、リズムが強調されノリが出てきます。

スラップ奏法アコースティックギター奏法する人もいます。
ボディを叩いてリズムを加えながら、コードを奏でるギターチョッパーも見応えがあります。

チョッパー奏法の方法

スラップ奏法にはいろんな奏法がありますが、親指を弾(はじ)くように叩いてを出す方法と、人差し指中指を引っ張って弾いてを出す方法が基本になります。

サムピング

親指(サム)の外側のうまく当てないと、芯のある「」という音が出ません。

コツとしては手首を回して、弦を押さえつけるのではなく、当ててすぐ戻して弾(はじ)くような感じです。
手首が重要です。

これは何度も練習して感覚をつかむしかありません。
ベースがなくても自分の左手を右手の親指で叩いて、「コンッ、コンッ」という感覚を練習すると良いです。

慣れてきたら「ココンッ」とダブルでできるように練習しましょう。
チョッパーではこのダブルが最初の壁です。

プリング

人差し指か中指で弾いて音を出しますが、最初は引っ掛け具合がうまくいかず、リズムに乗ってプリングできません。

コツとしては、力を抜きながら手首と引っ掛ける指は固定します。
まず最初は引っ張るというより引っ掛けて下に向けて(地面の方向)手首は固定したまま動かすという感じです。
手首が重要です。

指に引っかかる感触をつかめてきたら、手を下の方向に動かさなくても「ぺッ」という音が出せるようになります。

サムピングで低音を出し「バスドラ」の代わりに、プリングで高音を出し「スネア」の代わりにして、リズムを奏でたのがチョッパーの始まりと言われています。

ミュート音を入れる

落ち着いたシンプルチョッパーもかっこいいですが、やはりチョッパーの見せどころは派手なところです。

サムピングプリングに混ぜてミュートを入れていくと、リズムカル派手な演奏になります。

左手でミュートをしてサムピング

基本のミュート音です。
左手を弦に軽く触れて、ミュートにした状態で右手でサムピングをすると「カッ」というミュート音が出ます。

左手でタッチノイズ

フレットを抑える左手で弦を叩いてタッチノイズの「ツッ」という音を出します。
しっかり叩かないと音が出ません。

実 践

おさらいして、これらをうまく混ぜていくと

サムピング

プリング

ミュートカッ

タッチノイズツッ

ボ ツッ カッ ペッ ツッ カッ ペッ ツッ ボ ボ ツッ ペッ ツッ カッ ペイ

のようなリズミカルな演奏ができます。

実際に弾いてみました!

チョッパーを録音するときは音量差が激しいため、少し強めのコンプ設定が必要です。
ま と め

スラップ奏法はベースシストなら、できるようになりたい奏法だと思います。
すごく難しいように思えますが、手の動きがハマれば、思った以上に速いチョッパーも弾けるようになります。

しかし、しっかりとした音、リズムで奏法するのはかなりの技術が必要になります。

今回は「スラップ奏法」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム