DTM音楽用語113「オブリガート」とは?

こんにちは。マサツムです。

バンドをやっていて、オブリガートの上手なギタリストはとても重宝されます。
「頼りになるなぁ」という存在になれます。

今回はそんな、メロディの引き立て役をしてくれる「オブリガート」をわかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

オブリガート」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

オブリガートとは?

オブリガート(Obbligato)とは、メロディ合いの手のように入れるフレーズのことをいいます。

主にギターがよくする奏法で、バッキングに絡(から)めながらオブリガートを入れていきます。
アレンジ面でとても有効的で、聴き応えもあり、楽曲が少し豪華になります。

主旋律メロディを活かすようなフレーズで、日本語では「助奏」(じょそう)と言います。
「裏旋律」「対旋律」「カウンターメロディ」と呼ばれることもあります。

普段は「オブリ」と略されることが多く、オブリを入れる時「オカズを入れる」というような言い方もされます。
アレンジ中でも「そのタイミングでオブリを入れよう」や「バッキングのここにオカズを入れよう」というような使い方をします。

たくさんの人が「オブリガー」と言いますが、正確は「オブリガー」になります。
オブリガードだと、ポルトガル語で「ありがとう」になってしまいます。

クラシックでもオブリガートは重要な用語で、「義務付けられた」や「強制された」という意味があり、楽譜の通りに演奏しなければならない時にオブリガートという用語を使います。
ギターをやっている人とクラシック界の人では、オブリガートの解釈が変わってきます。

オブリガートの使われる理由

オブリガート裏メロというポジションにあるため、やはり上物系ギターキーボードが担当することが多いです。
ブラスセクションストリングスなど、メロディ合いの手のようにフレーズを入れる、これもオブリガートです。
そして、ドラムベースギターという小編成バンドだと、そのブラスセクションストリングス演奏するようなフレーズギターバッキングしながら補(おぎな)います。
このフレーズギターオブリガートです。

作曲・アレンジにも有効的

作曲・編曲していても、オブリガートを組み込んでいけば完成度世界観がグッとあがります。
アレンジしていて、もう少し「音の厚み出したい」「豪華にしたい」という時は、どこかにオブリガートを入れれないかを意識してアレンジすると、とても良いアイデアプラスされていきます。
メロディとの掛け合いでノリも出てきます。

オブリガートカウンターメロディというだけあって、歌うように作るのがよい作り方だと思います。

そして、ただがむしゃらにオブリガートを入れるのではなく、あくまでもメロディを活かすということを忘れてはいけません。

名ギタリストのオブリを聴く

Get Back(The Beatles)

完全にメロディの背中を、終始ギターのオブリガートが押しています。

Little Wing(Jimi Hendrix)

ギターの神様。
ここまできたらオブリの方がメロディより歌っています。

ま と め

オブリガートを意識して音楽を聴くと、「これもこれもオブリだな」という気付きがあります。
そうすることによって、とても引き出しを増やすことができます。

そして、必然的にアレンジ力がついていきます!

今回は「オブリガート」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム