T-RackS 5『TR5 EQP-1A』Pultec EQP-1Aの操作をまず覚えよう! 使ってみた・使い方レビュー

DTM

こんにちは。マサツムです。

今回はパッシブ・イコライザーIK Multimediaの『TR5 EQP-1Aの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 EQP-1A 使い方レビュー

 

まずはひとこと。

優しいPultec EQP-1A!

特 徴

  • 真空管EQの名機「Pultec EQP-1A」のモデリング。
  • ナチュラルなかかり方をするパッシブEQ。
  • 通すだけでサチュレーション効果。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 EQP-1A』というプラグインです。

名前から分かるように、ヴィンテージEQ「Pultec EQP-1A」モデリング・プラグインになっています。
通すだけで真空管の独特な倍音サチュレーションが加わり、どんな楽器もカッコよくなります。
なおかつパッシブEQなのでかかりがナチュラルなのは、いろんなところで需要があります。

「Pultec EQP-1A」モデリング・プラグインは、いろんなメーカーから出ています。
低域・高域サチュレーションを含みながらカッコ良く上がり音が破綻しない、とても便利な定番EQです。

そして、特徴といえば独特な操作性だと思います。
なかなか最初はうまくコントロールできず、追加でデジタルEQで微調整してしまうということが多いと思います。
そのやり方でも全く問題はありませんが。

Q幅の動きなどがイメージできれば、調整は見えてくると思います。

そして、肝心な今回のTR5 EQP-1A』ですが、ほかのメーカーのものと比べると優しい感じで、T-RackSシリーズらしい納まりをするなという印象を受けました。

とても扱いやすく、操作が分かっていればキレイにイメージに近づけることができると思います。

「Pultec EQP-1A」のようなキャラのある音作りをしたいとなると、他のメーカーのものが良いかもしれませんが、この操作でナチュラルな調整ができるし、これはこれで良いプラグインだと思います。

使い方

線で分けているグループで操作を進めていきます。
ここを間違えてしまうと何を調整しているのかがわからなくなります。
そして、低域と高域別でブースト(音量上げる)するか、アッテネート(音量下げる)するかを決めるという、ここがこのPultec系のEQの特徴です。

なぜ、同じ周波数で上げるつまみと、下げるつまみがあるのだろうと疑問に思うかもしれませんが、厳密にいうと少し周波数がずれていて、ブーストして、少しずつアッテネート増やしていくと、音量が下がりながらも少しクリアになっていくという現象が起きます。

TR5 EQP-1A 使い方レビュー

低域20Hz〜100Hzのパラメーター

・・・で決めた帯域の音量を上げます。
・・・ねらう周波数を4段階で決めます。
・・・で決めた帯域の音量を下げます。

高域3kHz〜16kHzのパラメーター

・・・で決めた帯域の音量を上げます。
・・・で決めた帯域のQの幅を設定します。
・・・ねらう周波数を7段階で決めます。

高域5kHz〜20kHzのパラメーター

・・・で決めた帯域の音量を下げます。
・・・ねらう周波数を3段階で決めます。

ココが好き!

ナチュラルに調整ができる!

気になった点…

Pultec EQP-1Aのような調整をしたい、という人には物足りないかもしれません…。

こんな方にオススメ!

  • Pultec系のEQを持っていなくて使ってみたい人
  • 定番のヴィンテージEQを知りたい人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「丁寧に調整できるPultec EQP-1Aモデリング・プラグイン」といったところでしょうか?

Pultec EQP-1Aは使いたいけどうまくイメージ通りに調整できない、という人はまずこのプラグインで操作の感触を覚えるのも良いと思います。

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 EQP-1A」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム