『Superior Drummer 3』圧倒的存在感!使ってみたレビュー

DTM Superior-Drummer-3 使ってみたレビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はドラム音源ソフト TOONTRACKSuperior Drummer 3の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Superior Drummer 3 レビュー

まずはひとこと。

 ズバリ!生ドラムレコーディングを再現!!

特 徴

  • 容量が大きい(230 GB以上)
  • ヴィンテージ・ドラムマシン・サウンドが豊富(約350種)
  • ミキサー・エフェクトの充実(35種類)
  • 巨匠(きょしょう)George Massenburg がエンジニアを担当

Superior Drummer 3 レビュー Superior Drummer 3 レビュー Superior Drummer 3 レビュー

こちら側の視点だと、ドラマーはワクワクしてしまいます。

使ってみた感想

とにかく生のドラムに近いエディットができます。
生ドラムレコーディングをたくさん経験してきましたが「これこれ!」と思わせるような音の響きです。
特にキック、スネア、タム中低音の奥行きが気持ち良くて打ち込みとは思えません
タイトな音からラウドな音まで全てリアルです。

ダンスミュージック、テクノなどに活躍するエレクトロサウンドもかなり使えます。
生のドラムキットそれぞれ単体で音を組み合わせられるので、足りないところを補強(ほきょう)でき、よりイメージに近づけられます。

もともと入っているプリセットもかなり強力ですが、ドラムキットが追加購入でカスタマイズでき、いろんなジャンルに対応できます。(SDX EXPANSIONS)
いくつか購入しましたが、なかでも「MUSIC CITY USA SDX」と「THE METAL FOUNDRY」はお気に入りでよく使っています。

CPUの負荷(ふか)が一番心配でしたが、気にならないくらいサクサク動いてくれます。

操作もわかりやすく、すぐに慣れます。
プリセット豊富で、そのまま使えるクオリティのものばかりです。
ミキサー部分でも
Urei 1176 comp
Fairchild 670 Comp
NEVE 1084 EQ
などのモデリングの馴染(なじ)みのあるエフェクターも使えるので、音作りがイメージしやすいです。

Superior Drummer 3 エフェクト
エフェクターも充実しています。

各パートの音の響きが豪華でジャンルによって調整が必要になりますが、アンビエンスエンベロープで調整してあげると解決します。
シンバルチョークアフタータッチの値入力かノートの長さノートオフの場所)で設定できます。
こちらはみなさんのやりやすい方法どちらでも設定できます。

タンバリン、カウベル、スティック(カウントなど)、クラップ(手拍子)など、パーカッション系があるのも嬉しいところです。

Superior Drummer 3 レビュー
クラップを入れようとしたら、なぜかフロアタムから手が出現!

ここが好き!

スネアのゴーストやフラムが扱いやすくリアルで絶妙!

ベタに打ち込んでもいい感じの人間味のあるランダムにしてくれる!

気になった点…

本格的なのですが、細かくトラックが分かれているので、ドラムレコーディング経験がないと音をまとめる調整が難しいかもしれません…。

こんな方にオススメ!

  • 生音に近い本格的なドラムサウンドで打ち込みたい人
  • ドラムソフト音源だけで完結したい人
ま と め

僕自身、購入して本当に良かったと思える音源です。
しばらくは生ドラムのトップランクを保ち続けると思います。
他のドラム音源と比べて少しお値段が高めですが、損はないと思います!
生ドラムの制作を好む方には間違いなくオススメです!

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、今回はドラム音源ソフトSuperior Drummer 3簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム