『PSP Vintage Warmer2』実は一番使ってるマスタリング・アイテム! 使ってみた・使い方レビュー

DTM PSP Vintage Warmer2使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマスタリングツールPSP Audiowareの『PSP Vintage Warmer2の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

PSP Vintage Warmer2使い方レビュー

まずはひとこと。

少しの調整で最高の音質に!

特 徴

  • マルチバンドのコンプ、リミッターを装備。
  • アナログ感、サチュレーションを得ることができる。
  • 長くプロも愛用しているプラグイン。

使ってみた感想

今回紹介するのはPSP AudiowarePSP Vintage Warmer2というプラグインです。

サチュレーターに分類されることが多いですが、サチュレーションをかけたいという時より、個人的には音のまとまりを良くして、デジタル感をなくしたいという時に使います。
本当に優秀なツールで、安心してお任せできるプラグインです。

正直言って古いプラグインなので、GUIは古いイラストレーターで作ってようなデザインですが、そこもまた良く思えてしまうほどの仕上がりになってくれます。

たくさんの人が使っているオススメ設定がありますが、マスターに使うならまさしくこれでOKです。

Drive」- 8 〜 – 12
Knee」70 〜 75

この設定で2mixが暖かなアナログ感倍音で音が埋まり、世界観が詰まったまろやかな2mixになります!
あとは自分好みでLowHighAdjustを下のFregで周波数を狙って調節すれば、マスターの調整を好みに持っていけます。

僕の使い方は上記のような使い方ですが、Driveを上げてOutputを調整すれば、サチュレーションも気持ちよくかかります。
Kneeで輪郭を調整して、Speed」「Release時間軸を調整すれば、質感をイメージに近づけることができます。

すごく心地よい音質にしてくれるので、マスターだけではなく他の楽器にもどんどん使いたくなります。

なかなか負荷が大きいので各トラックにかけるのはオススメできません。

しかし、PSP Vintage Warmer2を購入すると、PSP Micro Warmerが付いてきて、これがCPU負荷が軽く、質感を作るには充分なソフトなので、各トラックにはこちらを挿しています。

PSP Vintage Warmer2使い方レビュー

ココが好き!

とにかくアナログ感の世界感にキレイにまとめてくれる!

ドライブ感も気持ちいい!

気になった点…

表示を大きくしたい…。

こんな方にオススメ!

  • ミックスしていてデジタル感が気になる人
  • これからミックスまでやっていくDTMer
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「最後にこれに任せれば安心なマスタープラグイン」といったところでしょうか?

本当に良く使うプラグインで、もうないとミックスができません。
そのくらい言っても大げさではないくらい良い仕事をしてくれます。

買ってよかったプラグインベスト5に入ります。

今回は、「PSP Vintage Warmer2」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム