『Pan Konb』実は超重要だった!使ってみたレビュー

DTM Boz Digital Labs Pan Konb レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はパンニングプラグイン、Boz Digital LabsPan Konbの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Pan Konbレビュー

 

まずはひとこと。

 PANがこんなに重要だったとは!

特 徴

  • PANをより細かく設定できる
  • 簡単操作でわかりやすい
  • コスパがいい

使ってみた感想

今回はPANを設定できるプラグインPan Konbの使ってみた感想です!

PANとはLR左右を振ることですが、DAWで設定する人がほとんどだと思います。
僕も大抵(たいてい)のPANDAW上で設定するのですが、上物のPANはこのPan Konbがかなりいい仕事してくれます!

特に音数の少ない楽曲PANのバランスをとるのは難しいですが、左下にある「X OVER」これがかなり肝になっていい働きをします。

こちらのパラメーターパンニングをする周波数の設定ができます。
これによって、ギター低音センターに残し高音左右に振るといった設定が可能になります。

X OVERを使用しないでPANを「R100」すると、音全体いっぱいに移動します。

Pan Konbレビュー

 

設定なしのセンターの音

 

「X OVER」なしの「R100」

 

 

X OVERを「1000Hz」に設定してPANを「R100」すると、1000Hz以上の高いだけがいっぱいに移動します。

Pan Konbレビュー

 

「X OVER」ありの「R100」

 

わかりやすく、徐々に数値を上げていくとこうなります。
高音だけに残りながら、低音だけセンターに戻っていきます。

「X OVER」の設定を変化させながら「R100」

 

3ピースシンプルバンドサウンドなど、ギターは真ん中によってほしいけど、ボーカル邪魔(じゃま)をして欲しくないというときにはとても有効的です
このようにMS処理のような調整もできます。

 

他にもLR120のところまで設定なんかもできてします!
DAW上ではできないパンニングで右いっぱい以上を位相ズレを使ってより外側で聴かせています。
これはなかなか簡単にできないことですが、いとも簡単にできてしまいます!
しかしこれは使いすぎると、いわゆる気持ち悪いMIXになってしまうので、ここぞという時に使うと楽曲の広がりが出て効果的です。

Pan Konbレビュー

「X OVER」ありの「R120」

 

他の機能の使い方ですが、まずは「MODE」。
こちらは「PAN」と「BALANCE」があります。

PAN」・・・音そのものを右左に振れます。
BALANCE」・・・左に振っても右の音は残って音量が小さくなります。

単音だと効果がわかりにくいですが、ステレオ効果のあるもので比較すればわかりやすく、ピアノがあるとして「PAN」モードでに振っていくとピアノに移動していきます。
BALANCE」モードでに振っていくとピアノにいたまま小さくなっていきながら全体的にに移動していきます。

 

右上の「LAW」は「LINEAR」「-3dB」「-4.5dB」「-6dB」と選べて、「LINEAR」音量がそのままでパンニングができ、他は振り幅によって音量が上がります。
-6dB」が一番大きく変化します。

 

その下の「←→」矢印ではクリックすると全く同じ条件で右から左左から右へに反転できます。

ココが好き!

シンプルで操作も簡単!

セールの時はかなりコスパがいい!

パンニングの重要性がわかる!

 

気になった点…

特になし…。

 

こんな方にオススメ!

  • DAWでMIXまでする人

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「意外に知らないPANプラグインの重要性」といったところでしょうか?

僕も最初は必要性を感じられず、友人に進められて購入してみたら、実際のところ使用頻度がすごいです!

セールだとかなりのコスパの良さで購入できるので、はありません!

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、Pan Konbを簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム