Overloud『GEM COMP76』パンチのある派手な1176コンプ! 使ってみた・使い方レビュー

DTM

こんにちは。マサツムです。

今回は1176系コンプレッサーOverloudの『GEM COMP76の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

COMP76_使い方レビュー

 

まずはひとこと。

ロックなパンチを求めるならこのコンプ!

特 徴

  • Overloudの人気のGEMシリーズの1176系コンプレッサー。
  • 実機に近い質感にプラグインならではのプラス機能。

使ってみた感想

今回紹介するのは、Overloudの『GEM COMP76』というプラグインです。

見ての通りの1176系コンプレッサーです。
1176系FETタイプコンプレッサーはたくさん紹介してきましたが、それぞれのプラグインで良い特徴があります。

そして今回のGEM COMP76は、実機に近くそれでいて荒々しくてパンチがあって、76系の音を求める人にはピッタリのコンプなんじゃないかと思います。

1176の音作りとしても優秀で、さらにプラグインならではの機能もとてもよくできていて、すべてにおいて優秀なプラグインです。

上のラックプラグインとしてシンプルに調整ができ、下のラックで便利な機能を調整するというとても扱いやすい仕様になっています。

『COMP76』 使い方

このコンプレッサーは基本的に普通の1176コンプの操作で調整します。

1176は、素早いアタックとリリースが特徴のFETタイプのコンプレッサー。
パンチのある迫力のある音が作れます。
スネア、カッティングギターのようなアタック感の強いサウンドに最適です。

スレッショルドのしきい値は固定になっていて、「INPUT」を上げていくとスレッショルドにぶつかり、さらに上げていくとコンプがどんどんかかっていきます。
こちらもVUメーターの「GR(ゲインリダクション)」を見ながら調整していきます。

ATTACK」「RELEASE」も調整でき、反応の良さがFETタイプのコンプの特徴です。

RATIO」は「4」「8」「12」「20」の4段階の中から決めることができますが、プラスで1176の魅力のひとつでもある「全部押し」という余韻の伸び方が独特なコンプのかかり方のする小技があります。
その再現も「ALL」に合わせれば、可能になっています。

VUメーターにあまり見たことない「HAR」というスイッチがありますが、こちらはコンプによって発生した倍音成分の量を見るメーターに変わります。
反応はよく、どれだけ倍音がかかっているかが分かり面白いですが、歪み具合の音作りは耳での調整になると思うので、こちらはオマケみたいなものだと思います。

下の白いラックが「Overloud」特有の気の利いたパラメーターが詰まっています。

左下のツマミで実際の実機にある「1176 REV. A」「1176 REV. D (LN)」「1176 REV. F」の3タイプが切り替えることができます。
これはとても嬉しい機能です。

COMP76_使い方レビューCOMP76_使い方レビューCOMP76_使い方レビュー

IN LEVEL」・・・プラグインに入る信号の大きさを調整できます。
プラグインの「INPUT」とは用途は違っていて、ここの入力も適切な調整が音色に大きく左右するので、このパラメーターはとても嬉しい機能です。

STEREO/MID – SIDE」・・・ステレオトラックの場合はこのスイッチを「MID – SIDE」にすると、MS処理仕様になります。
2台仕様になり、上で「MID」下で「SIDE」の調整ができるようになります。

COMP76_使い方レビュー

HARMONICS」・・・倍音の量を調整できます。ここの歪み感がとても絶妙でギターの歪みなど自然に気持ち良い効果を加えることができます。
DIST」方向に回すと、どんどん歪みがかかってきます。
LIN」に振り切るとコンプでかかる倍音が無くなります。

LF SENS」・・・サイドチェイン・ローパス・フィルターの設定ができます。
コンプには絶対ついていてほしい、ありがたい機能です。

PARALLEL」・・・原音とコンプのかかった音の割合を調整できます。
プラグインならではの機能で、「MIX」など、この機能が付いているプラグインはやはり便利です。

OUTPUT」・・・このラックのアウトプットで、プラグイン総合の出力量を調整できます。

ココが好き!

操作もなめらか!

コンプ感が気持ち良い!

76感たっぷり!

HARMONICSの歪み具合が良い!

気になった点…

ソフトの立ち上がりが少し遅いですが、立ち上がってしまえばサクサク動き軽いです…。

こんな方にオススメ!

  • 1176コンプが好きな人
  • ロックサウンドが好きな人
ま と め

まとめとしては「ロックサウンドを求めてコンプを使うならコレ!」といったところでしょうか?

wavesの76コンプを長年よく使っていますが、それと比べて派手さもありタイプによっての違いの差も激しく、音作りの幅は広いです。

しかし、wavesは安心の音作りができ、未だに使ってしまいます。

76系コンプは奥が深いので、今度聴き比べの記事も書きたいと思っています!

今回は、Overloudの「GEM COMP76」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム