SoundToys『Devil-Loc Deluxe』リミッターが作り出す、歪みとアンビエントの凄さ! 使ってみた・使い方レビュー

DTM Devil-Loc Deluxe使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はリミッターSoundToysの『Devil-Loc Deluxeの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

Devil-Loc Deluxe使い方レビュー

まずはひとこと。

独特な歪み・アンビエント感!

特 徴

  • 60年代のマイクリミッター「SHURE Level-Loc」のモデリング・プラグイン。
  • リミッティングによる、音楽的とは違う視点の独特な効果。

使ってみた感想

今回紹介するのは、SoundToysDevil-Loc Deluxeというプラグインです。
人気のSoundtoysバンドル「Soundtoys 5」に収録されているプラグインです。

Devil-Loc Deluxe実機「SHURE Level-Loc」モデリング・プラグインです。
SHURE Level-Locは、マイク「58」「57」で有名な「SHURE」60年代に使用されたPA用マイクの音量を統一するために作られたリミッターで、楽器に使用してみると面白い効果が得られるということで、音楽制作にも使用されるようになりました。

そのリミッターを、使いやすくパラメーターを付け加えてプラグイン化されたのが、今回のDevil-Loc Deluxeです。

こちらはリミッターといっても、通常のリミッターのような使い方はしません。
通すだけですでにリミッターがかかった状態になります。

シンプルパラメーターコンプ感、アンビエント感を作ることができます。
ドラムにはとても面白い、効果的な結果が得られます。

使い方

FETタイプの構造で、リミッティングのかけ方も1176のように入力信号を突っ込んだ量で変わります。

Crush」入力信号の量を決め、リミッティングのかかる量を調整します。
サチュレーションもかかり、独特なアンビエント感が強くなります。

Crunch」出力による歪み具合を調整します。
強めると過激なかかり方をします。

Release」リリース・タイムは「Slow」「Fast」の選択ができます。
入力信号によってかかり方が変わってきます。

Darkness」出力信号にローパス・フィルターの設定ができます。
上げていくと明るさが消えていき、ローファイサウンドのような音色になります。

MIX」原音とのミックスバランスを調整します。
通すだけでリミッターがかかった状態になるし、エフェクトの効果も過激にかかるので、このプラグインの「MIX」のツマミは音作りで重要になります。

ココが好き!

アンビエント感が面白い!

ローファイサウンドも作れる!

気になった点…

ハイパス・フィルターも調節できれば便利かも…。

こんな方にオススメ!

  • ドラムのアンビエント感を作りたい人
  • ローファイサウンドの好きな人
  • 実機のモデリングが好きな人
ま と め

いかがでしたでしょうか?

まとめとしては「面白い空間雰囲気を作れるリミッタープラグイン」といったところでしょうか?

効果が面白いプラグインですが、特にドラムにかけるのがオススメです。
パワーも雰囲気もいい感じで作れて楽しいです。

Soundtoysのバンドル「Soundtoys 5」は、とても面白いプラグインが集まっているコレクションです。
今回はその中に収録されている、「Devil-Loc Deluxe」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム