waves『CLA Drums』ドラムの音が最短で迫力のある音に! 使ってみた・使い方レビュー

DTM CLA Drums 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はドラム調整プラグインwavesの『CLA Drumsの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

CLA Drums 使い方レビュー

まずはひとこと。

迫力のあるクリス・ロード・アルジのドラムの音に寄る!

特 徴

  • グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード・アルジが監修したドラム専用のプラグイン。
  • ドラムの各キットからオーバーヘッド、ルームまで最適な調整が直感でできる。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesドラム調整プラグインCLA Drumsという、ドラムの各キットからオーバーヘッド、ルームといった、ドラムに関わるトラックの調整に特化したプラグインです。

wavesではおなじみのクリス・ロード・アルジさん監修のプラグインです。

エアロ・スミス、U2、フー・ファイターズ、ミューズなどを手がけるエンジニアで、CLAシリーズハードロックに合うようなパンチのあるバキバキした重厚なサウンドに近づけることができます。
ポップスにもこういったサウンドはかなりいい仕事をします。

ドラム音作りは、「キック」「スネア」「ハット」「タム」など一つ一つの音作りも重要で、さらに全体のまとまりも作らないといけないのでとてもむずかしいです。

今回のCLA Drumsはとてもよくできていて、何と言っても各項目が的確でシンプルな操作で音作りができます。
分かりやすいく初心者の方でも扱いやすいですが、やはりドラムレコーディングの経験値があると、シンプルな操作の中でもさらに的確な調整できると思います。

CLA Drumsの使い方

基本的に で調整したいパート・タイプを選んで、 で項目に分かれたフェーダーで調整していくだけで、とても良い効果を作ることができます。

CLA Drums 使い方レビュー

・・・音作りするタイプを決めます。
KICK(バスドラ)」「SNARE(スネア)」「TOMS(タムタム)」「OH(オーバーヘッド)」「ROOM(部屋鳴り)」「COWBELL(カウベル)」
それぞれキックの美味しいところ、スネアの美味しいところを、とてもよくついてくれています。
このメンツにCOWBELLが入ってくるところが、ハードロックを感じさせます。

・・・ドラムの音作りに必要な5つのフェーダーで、シンプルに調整できます。
BASS」「TREBLE」「COMPRESS」「REVERB」「GATE
矢印点灯でオンオフになり、その上の項目でタイプを選べます。
キックはBASSのSUBを選べば欲しい低音が加わり、スネアはTREBLEのTOPでアタックの良いところを調整つできるなど、初心者の方にも扱いやすい設定になっています。
コンプもドラムに最適な3つが用意されていて、「PUSH」で音を押し上げるようなコンプ、「SPANK」でアタックの強いコンプ、「WALL」でブリックウォール・リミッターのようなコンプの調整ができます。
GATEも余計な音を拾わないようにするために、ドラムには重要の処理です。
扱いやすいGATEで、極端な調整で個性的な音作りもできます。
COWBELLにした時だけ、ここのフェーダーが「DELAY」に変わります。

CLA Drums 使い方レビュー

・・・ドラムレコーディングには重要な、位相の反転スイッチも付いています。

ココが好き!

キックの音作りが頼りになる!

音作りに時間がかからない!

気になった点…

ローファイやサチュレーションのようなパラメーターがあっても良いかも…。

こんな方にオススメ!

  • ドラムの音作りが苦手な人
  • クリス・ロード・アルジが好きな人
  • パンチのあるロックが好きな人
ま と め

まとめとしては「ドラムの調整を最終手前まで持って行ってくれるプラグイン」といったところでしょうか?

最初にキックの音を加工した時、感動ものでした。
キックの音作りはむずかしく、曲の中でかなり重要になってくるので、音作りが苦手な人は頼ってみて欲しいプラグインです。

今回は、「CLA Drums」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム