『BIAS AMP 2』超マニアックだった!使ってみたレビュー

DTM BIAS AMP 2 レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はアンプシュミレーター Positive GridBIAS AMP 2の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

BIAS AMP 2 レビュー

 

 

まずはひとこと。

 アンプの音質にこだわるならコレ!!

 

特 徴

  • 真空管アンプの質感やトーンを完全再現
  • アンプの中の構造(こうぞう)回路(かいろ)までカスタマイズができる
  • リーズナブルな値段で妥協がない

 

 

使ってみた感想

アンプシュミレーターの中で人気急上昇の「BIAS AMP 2」。
同メーカーで「BIAS FX 2」がありますがこれとは別物です

 

BIAS AMP 2・・・実機のアンプにこだわったシュミレーター
BIAS FX 2・・・エフェクト関係を含め、いろんなジャンルの音を作れる遊び心が詰まったシュミレーター

 

「BIAS FX 2」についてはまた記事にしようと思います!

僕は「BIAS AMP 2」で初めて音を出した時の感動が忘れられません!
とてもよくできた生々しいアンプシュミレーターだと思います!
解像度の高い、耳障りのいい音といった印象を受けました

グレードは3段階に分かれていてます。
最上位の「Elite」では「Celestion」公式のキャビネットシミュレーターを使うことが出来ます。

 

アンプデザイン機能
36種類のアンププリセット
再設計された ToneCloud®へのアクセス
容量無制限のカスタムアンプストレージ
全てのStandardの機能
Amp Match機能
100種類のアンププリセット
専用のIRローダー
5種類のプリアンプ&パワーアンプ
21 種類のキャブモデル
Professionalの全機能。
さらに15種類の公式ライセンスされたCelestion IRファイル:

Celestion Vintage 30
Celestion Blue
Celestion G12H Anniversary
Celestion G12-65
Celestion G12M Greenback

 

Celestion」公式のキャビネットシミュレーターがとても使えるので、僕は「Elite」して良かったと思っています!

クリーン、クランチギターには「BIAS AMP 2」を使って音作りをしています。
プリアンプパワーアンプの設定がとてもよくできていて、真空管(しんくうかん)の選び方などで本当に生々しいクランチの歪(ひずみ)になってくれます

ベースアンプも「BIAS AMP 2」をよく使っています。
曲によって使い分けていますが、バンド系の生演奏のような楽曲にはこれを使っています。
ベースの美味しいところを引き立たせてくれます!

「PREAMP」
「TONE STACK」
「POWER AMP」
「TRANSFORMER」

この辺もカスタマイズできるなんて、楽器屋さんレベル知識が必要です。
そんなところまで触れることはないので、かなり勉強になりました。

最初はプリセットのアンプの種類が少ないですが、公式サイトからアンプのプリセットがダウンロード出来るので、この辺りも自分の好きなものだけ入れれるので嬉しいです。

 

BIAS AMP 2 音作り BIAS AMP 2 アンプ

アンプを徹底的にカスタマイズできる。

 

ここが好き!

デジタルっぽさが感じられない!

倍音などの欲しいところに手が届く!

 

気になった点…

つまみがマウスで定(さだ)まりにくい…。

 

こんな方にオススメ!

  • 生々しい音を求める人
  • とにかくアンプをいじりたい人
  • アンプの仕組みの勉強がしたい人

 

BIAS AMP 2 プリセット
公式サイトからアンププリセットをダウンロード
ま と め

いかがでしたでしょうか?

評判を聞いて気になって購入してから、本当に素晴らしくて今では一番、使用頻度(しようひんど)が高いアンプシュミレーターです。
最初は価格が安さで人気があるのかと思っていましたが、単純にお買い得です!
良いことばかり書いていますが、そのくらいお気に入りです。

BIAS FX 2」の方がいろんなことができて人気があるみたいなのですが「BIAS AMP 2」の方が音質が本物です!僕はこちらを使ってます。

アンプシュミレーターはそれぞれ個性があるので、持っていて損はないソフトだと思います!

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム