『YANGQIN』和風アレンジにも使える! 使ってみた・使い方レビュー

DTM YANGQIN使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はインストゥルメント音源ソフトNative Instrumentsの『YANGQINの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

YANGQIN使い方レビュー

まずはひとこと。

中華風・和風にも使える!

特 徴

  • 中国の伝統楽器「揚琴」の音源ソフト。
  • KONTAKT PLAYERでエディット操作が可能。

使ってみた感想

今回紹介するのは、Native InstrumentsYANGQINという音源ソフトです。

Native Instrumentsの無料で提供している、インストゥルメント・プレーヤー・ソフトKONTAKT PLAYER」を使って、ソフトを使用していきます。

そして毎年恒例のNative Instrumentsホリデーギフトで無料配布していた音源ソフトです。
いつもありがたい使えるソフトを提供してくれるホリデーギフトで、最近はエフェクト系が続いていて、今回はインストゥルメント音源ソフトということでしたが、期待通りの音源でした。
中国の伝統楽器「揚琴」を本場中国でサンプリングしたという音色は、とても心地よい響きがします。
弦楽器で馴染みのある楽器でいうと日本の「」に似た音がします。
中国の楽器ですが、J-popによく使われる和風アレンジなど、すごくマッチします。
BGM制作でも雰囲気を一気に作れるので、ありがたいソフトです。
サウンドも古い雰囲気の音色や、モダンな音まで調整が可能です。
用意されているループ、そして音色はこんな感じです。
キースイッチアーティキュレーションもたくさん用意されているので、使いこなすとリアルさを追求することができます。

YANGQIN使い方レビュー

ほかにも調に合わせてスケールなどもエディットできるので、ループをうまく活用できると思います。

ココが好き!

音がリアル!

さりげないアレンジにも効果的!

気になった点…

特にありません…。

こんな方にオススメ!

  • 中華風なアレンジをしたい人
  • BGMや効果音を制作している人
ま と め

まとめとしては「中華風・和風の雰囲気作りに便利な音源ソフト。」といったところでしょうか?

こういった音色は現代の楽曲にもとてもよく使われるので、持っていると便利です。
さりげなくフレーズで使用しても良い効果を得られます。

操作するには「KONATAKT 6 PLAYER」が必要なので、「KONATAKT 5」のままの人はアップグレードが必要です。

今回は、「YANGQIN」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム