DTM音楽用語135「トーキング・モジュレーター」とは?

こんにちは。マサツムです。

ライブ中にホースをくわえて演奏をしているのを、見たことがあるかもしれませんが、もちろんそれには理由があります。

歴史上、世の中には面白い機材がたくさんあります。

今回は「トーキング・モジュレーター」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

トーキング・モジュレーター」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

トーキング・モジュレーターとは?

トーキング・モジュレーター(Talking Modulator)とは、 楽器ホースを通して口の中に響かせ、しゃべるような変化をつける奏法エフェクターのことをいいます。

エフェクター自体はトークボックスとも呼ばれることが多いです。
口の形を変えてワウのような演奏ができます。

ボコーダーと並んで70年代〜に使用されていました。
変化の原理がとてもアナログ的な面白い発想で、見た目にもインパクトがあります。

倍音を多く含む音色の方が変化が分かりやすく効果的なので、ギターでは歪んだ音シンセではノコギリ波で使用されることが多いです。

DTM音楽用語134「ボコーダー」とは?

トーキング・モジュレーターのしくみ

トーキング・モジュレーター演奏をするには、エフェクターを使います。
エフェクターといっても特殊な構造をしています。

スピーカー内蔵されていて、つないだホースを伝って、ホースの先から楽器音が出力されます。

トークボックスのしくみ

その音が出るホースマイクスタンド固定して、口にくわえられるようにします。
そして口の中で音を鳴らして共鳴させ、口から漏れる音をマイクが拾って会場のスピーカーに出力されるという仕組みです。

口をしゃべるように動かせば、その動きに合わせて変化するので、楽器演奏をしながら変化も自由に演奏するという感じです。

トーキング・モジュレーターを使った映像

ライブでもなかなかインパクトがあるトーキング・モジュレーターですが、やはり実際の演奏を見た方が分かりやすいので、動画を紹介します。
有名なアーティストもたくさん使っていた演奏方法です。

Stevie Wonder

Foo Fighters

Jeff Beck

 

ま と め

僕も一度経験したことがありますが、楽しくて夢中になって遊んでいたら、その後目眩(めまい)がして気持ち悪くなってしまいました。

もちろん個人差があるので、平気な人もいるかもしれませんが、僕はライブで使うのは諦めました。

今回は「トーキング・モジュレーター」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム