『Valhalla Delay』期待通り!期待以上!使ってみたレビュー

DTM Valhalla Delay使い方

こんにちは。マサツムです。

今回はディレイ・プラグイン、 Valhalla DSPValhalla Delayの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

 

Valhalla Delay使い方

 

 

まずはひとこと。

 こんなディレイ待ってました!

特 徴

  • セールは無いが常に安い
  • シンプルなGUIでわかりやすく使いやすい
  • リバーブで人気の「Valhalla DSP」から待望のディレイ

 

使ってみた感想

リバーブの人気シリーズ  Valhalla DSP からディレイが出たということで、期待でしかありませんでした。
期待以上の、優等生のディレイ・プラグインです!

ディレイは各メーカーから出ていますが、少しわかりにくいものが多いです。
僕は比較的使いやすくてわかりやすい「Soundtoys」のものを使うことが多かったですが、Valhalla Delay」非常にわかりやすい!

サクサク作業を進めたい僕は作業効率重視でプラグインを選んでしまいがちですが、ディレイ特有の遊び効果音も思ったように微調整できるのが嬉しいです。

テープシミュレーションサチュレーション効果もかなりいい感じです!

GUIシンプル数値とかメモリが見えやすくてわかりやすいです。

右下にマウスを当ててドラックすればGUIの大きさが自由に変えられます。
Valhalla VintageVerbの時にも書きましたが、これは地味に嬉しい機能です。

10種類MODE的確でとても音作りに役立ちます。

 

10種類のMODE

 

Valhalla Delay使い方

Tape ヴィンテージ系のテープエコーモデル
これ、かなり使えます。いい質感。

 

Valhalla Delay使い方

HiFi ハイファイなリールテープモデル
存在感が少し出て使いやすいです。

 

Valhalla Delay使い方

BBD ダークなアナログディレイ
雰囲気作りにいいです。

 

Valhalla Delay使い方

Digital 初期のデジタルディレイ
80年代感が伝わります。

 

Valhalla Delay使い方

Ghorst コーラスのかかった個性的なディレイ
遊び音的な音色だけど、残響音が綺麗。

 

Valhalla Delay使い方

Pitch ピッチが加わったデジタルディレイ
ピッチの変化がスムーズで音の劣化も少ない。

 

Valhalla Delay使い方

RevPitch ピッチが加わったリバースディレイ
こちらも音の劣化が少なく。効果音に使えます。

 

Valhalla Delay使い方

BBDuck 少し信号を遅らせて聴こえるディレイ
かっこいい効果音が作れます。

 

Valhalla Delay使い方

Clarity リミッターのかかったデジタルディレイ
歯切れの良い気持ちのいい音が作れます。

 

Valhalla Delay使い方

DuckTape リミッター、ゲートのかかったテープエコーモデル
「Tepe」よりもタイトではっきりした感じ。

 

ERAでは「Past」(過去)「Present」(現在)「Future」(未来)の3つ使い分けられて、音の解像度で雰囲気(ふんいき)を変えられます。

プリセットも豊富なので、アレンジに行き詰まった時など、プリセットをいろいろ試していたらアイデアが生まれてくると思います。

 

ココが好き!

各MODEの個性が的確!

パラメーターの反応が良くて気持ちいい!

気になった点…

海外のサイトでの購入なので、慣れていない人はインストールまでが難しいかも…。

こんな方にオススメ!

  • ディレイの勉強をしたい
  • DTMerなら持ってて損はない

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?
まとめると「必ず持っておきたいディレイ」です。

値段、操作ともにお手軽ですが、本当にが良いです。
CPU負荷「Valhalla VintageVerb」と比べたら少し重いですが、ディレイとして考えると問題ないレベルです。

Valhalla VintageVerbの同様、長らくお世話になると思います。

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、今回はディレイ・プラグインValhalla Delayの簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム