T-RackS 5『TR5 Quad Image』EQのように処理できるマルチバンド・ステレオイメージャー! 使ってみた・使い方レビュー

DTM TR5 Quad Image_使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマルチバンド・ステレオイメージャーIK Multimediaの『TR5 Quad Imageの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

TR5 Quad Image_使い方レビュー

まずはひとこと。

的確な機能がたくさん!

特 徴

  • 最高4バンドの帯域で調整ができるステレオイメージャー・プラグイン。
  • IK Multimedia「T-RackS 5 Deluxe」「T-RackS 5 MAX」のバンドルに収録。

使ってみた感想

今回紹介するのは、IK MultimediaT-RackS 5に収録されている『TR5 Quad Image』というプラグインです。

ステレオイメージャーは左右の広がりを簡単に作れるとても便利なエフェクトですが、低域高域では広げたい量も変わってきます。

低域は楽曲に安定感を持たせたいため、センターにどっしり置いておきたいです。
その代わり高域のきらびやかな成分はいっぱいに広げたくなります。

そこでMS処理が行われるのですが、このTR5 Quad Image』はEQを調整するかのようにステレオイメージャーの調整ができます。
機能も的確でイメージに合うステレオ調整ができてとても便利です。

画面と見合わせながら調整すると分かりやすく、初心者の方もステレオの処理が把握しながら調整できると思います。

TR5 Quad Imageの使い方

TR5 Quad Image_使い方レビュー

SOLO」・・・で選択した帯域のみの音をモニタリングできます。

❷ BYPASS」・・・で選択した帯域のみの音をミュートできます。

❸ 1BAND 4BAND」周波数を4バンドまで分割できます。

dB/Oct」・・・Qの角度を選択できます。

LINK BANDS」・・・分けられた全バンドをリンクして調整できます。

❻ 調整したい帯域をクリックします。選択された帯域は白く変わります。

 各帯域の境界線のクロスオーバーの設定をマウスでドラックして調整ができます。

Width・・・で選択した帯域の広がりを調整できます。

Gain・・・で選択した帯域のゲインをEQのように調整できます。

Level・・・分けられた各帯域のMIDとSIDEのレベルを確認できます。


液晶画面の各帯域の「Widch」「Gain」のポイントをマウスでドラックしての調整もできます。

ココが好き!

モニター、メーター関係が気が利いている!

目で見て分かりやすい!

気になった点…

分かりやすいですが効果は緩やか…。

こんな方にオススメ!

  • ミックスまでする人
  • MS処理ツールを増やしたい人
  • T-RackS 5が好きな人
ま と め

まとめとしては「気が利いたステレオイメージャー」といったところでしょうか?

ステレオイメージャーとしてマルチバンドなのも嬉しいし、細かくモニタリングできるのも嬉しいし、目で見て分かりやすくしてくれているのも嬉しい、とても使いやすいプラグインです!

今回は、IK Multimedia、T-RackS 5の中から「TR5 Quad Image」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

マサツム