waves『CLA Effects』よく使うエフェクトが一つになった便利チートプラグイン! 使ってみた・使い方レビュー

DTM CLA Effects 使い方レビュー

こんにちは。マサツムです。

今回はマルチエフェクト・プラグインwavesの『CLA Effectsの使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

CLA Effects 使い方レビュー

まずはひとこと。

よく使うエフェクトがたくさん気軽に使える!

特 徴

  • グラミー受賞エンジニア、クリス・ロード・アルジが監修したマルチエフェクト・プラグイン。
  • どんな楽器にも使えるオールマイティなプラグイン。

使ってみた感想

今回紹介するのは、wavesのよく使うエフェクトが詰まったマルチエフェクトCLA Effectsというプラグインです。

wavesではおなじみのクリス・ロード・アルジさん監修のプラグインです。

今回のCLA Effects』はCLAシリーズの中ではちょっと種類が違っていて、楽器に特化したプラグインではなく、マルチエフェクターになっています。
マルチエフェクターといってもたくさん入っているわけではないですが、よく使う
EQ」「DISTORTION」「REVERB」「SHORT DELAY」「LONG DELAY」「PITCH」がとても簡易的になってひとつになっています。

楽曲の中でメインになるようなトラックには今回のCLA Effects』ではなく、それぞれ単体のエフェクトをかけたいところですが、効果音的なフレーズなどを作る際にはものすごく重宝します。
特に声を少し加工したいときは非常に便利です。
個人的にラジオボイスの質感はすごく気に入っています。

そして一番目立つ左上のスイッチSND LONG DLY」ですが、こちらはLONG DLYON/OFFスイッチになっています。
リアルタイムで使う人は使い勝手があるのかもしれませんが、DTMで作曲する人には出番はないかもしれません。
スイッチングオンオフオートメーションでかけば良いので。

CLA Effectsの使い方

基本的にシンプルな6つのフェーダーで、調整していきます。

  • EQ」・・・「TOP」「FILTER」「TELEPHONE」からいろいろなフィルターのかかり方を選択できます。ラジオボイスのような声も簡単に作れます。
  • DISTORTION」・・・「DRIVE」「CRUNCH」「FUZZ」から歪み具合を選択できます。派手な拡声器のような声も作れます。
  • REVERB」・・・「ROOM」「HALL」「CANYON」からタイプを選択し、音の広がりを調整します。
  • SHORT DLY」・・・「SLAP」「EIGHT」「DOT EIGHT」からショートディレイのタイプを選択できます。
  • LONG DLY」・・・「QUARTER」「HALF」「FULL」から長めのディレイのタイプを選択できます。
  • PITCH」・・・「TAPE PHASE」「CHORUS」「MR.WIDE」からモジュレーション効果を選択できます。

そして、左上のSND LONG DLYは上記で書いた通りLONG DLYのON/OFFスイッチになっています。
左側「HOLD」にすればかかったまんまのONの状態に、真ん中は「OFF」で、右側の「THROW」でクリックしている状態の時だけONになり、離すとOFFになります。
こちらのスイッチはリアルタイムで使う時は便利ですが、オートメーションを描いてDAW上でコントロールもできます。

ココが好き!

フィルター、テレフォンが絶妙!

ディストーションも絶妙!

操作が簡単!

気になった点…

「SND LONG DLY」の使い勝手がわからない…。

あくまでも簡易的に雰囲気を作る用途としてということで…。

こんな方にオススメ!

  • 声の加工をよくする人
  • アレンジに効果音をよく使う人
  • クリス・ロード・アルジが好きな人
ま と め

まとめとしては「こんなプラグインも持っておけばフィルターやディレイで遊べるよ」といったところでしょうか?

ズバリ、アレンジ内のラジオボイスはこれでOKです!
プラスアルファで空間系も付いているので便利です。

今回は、「CLA Effects」を簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム