DTM音楽用語163「iLok」とは?

こんにちは。マサツムです。

DTMを始めたくても、何から揃えていけば良いかわからない人は多いと思います。

そしてとりあえずの機材は揃えても、ライセンスの方法でつまずき先へ進まない人がたくさんいます。

今回は、「iLok」を、わかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

iLok」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

iLokとは?

iLok(アイロック)とは、DAWプラグインなどのソフトを、使用できるようライセンス管理するもののことをいいます。

実機ハードウェアとは違い、DTMソフトを使用する場合にはライセンスが必要になります。

iLokは長きにわたってライセンス管理をしてきたので、世の中にiLokが必要なソフトがたくさんあります。

基本はUSBiLokキーライセンスデータ記録していきますが、パソコン本体クラウド上で管理できるものもあります。

iLokキー

基本的にはiLokキーというUSBライセンスデータ記録していきます。
USBといっても普通のUSBメモリーではなく、ライセンスデータだけ記録できる専用USBメモリーです。

そのiLokキーがないと使えないソフトがたくさんありますが、他のパソコンソフトインストールされていれば、iLokキーを入れ替えるだけでソフトを使用することができます。

iLokキー初期は、大きくて少しオモチャっぽさもあり、ノートパソコンで使用するときは安定性も悪かったです。
「iLok 2」になってUSBメモリーのように小さくなり、とても扱いやすくなりました。
現在「iLok 3」になってさらに小さくなり重厚感もあります。

iLok License Manager

iLokの管理をするにはiLokIDを作って、「iLok License Manager」というアプリが必要です。
iLok License Managerを使って「iLokキー」「iLokクラウド」「パソコン本体」ライセンスデータ記録します。

どのデバイスライセンス記録するかは、ソフトによって変わってきます。

そして、ソフトによってライセンス取得方法が少し違ったり、ほとんどが英語サイトからiLokライセンス情報を送らなくてはいけないので、ここで初めての人はつまずいてしまうと思います。

iLokの保険「Zero Downtime」

iLokが壊れてしまうと、アメリカ本社に送り戻ってくるまで約2週間かかります。
その間はライセンスが必要なソフトは使えません。
作業途中で締め切り前だと、一瞬で絶望的な状況になってしまいます。

そんなときのためにiLokには「Zero Downtime」という保険があります。
予備iLokキーを用意して、そのキーで臨時的ライセンスを使えるようにしてくれます。

年間30$になっているので、音楽仕事にしていて、iLokなしでは作業できない方にオススメです。

ま と め

僕はまだiLokキーが壊れたことも無くしたこともないですが、壊れたときのことを考えるとゾッとします。

iLokはとても大切です。
良く抜き差しして他のパソコンと使い分けをしているので、「iLok」だけはなくさないように過保護に扱っています。

今回は「iLok」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム