DTM音楽用語115「ヴァース」とは?

こんにちは。マサツムです。

ヴァースと聞いてもあんまりピンとこない方はたくさんいると思います。

洋楽好きの方ならよく聞く用語かもしれません。

今回は「ヴァース」をわかりやすく簡潔(かんけつ)に説明しようと思います。

ヴァース」って何?と聞かれた時に、今回の記事を参考にしていただければと思います!

ヴァースとは?

ヴァース(Verse)とは、サビに入るまでの導入部分のことをいいます。

邦楽では「Aメロ」「Bメロ」「サビ」のようにセクションが分けられますが、洋楽では「ヴァース」「コーラス」(サビ)というように分けられます。

洋楽の解説ではよく「ヴァースの部分からコーラス(テーマ)に入って」のというような使われ方をします。

HIP-HOPの世界では、一番聴かせたい箇所を「フック」といい、それ以外を「ヴァース」といいます。

ジャズの世界でも本編に入る前の部分をヴァースといいます。

サビとは

サビとは、曲の中で一番聴かせたいセクションのことをいいます。

語源は、昔の語りなどで低い声で強調して伝える箇所を(さび)といい、そこからきているというと、ワサビのように刺激的な箇所「サビが効く」というところからきているがあります。

邦楽では特にサビの部分がわかりやすく作られていて、洋楽ではサビという言葉自体がなく、「ここが聴かせたい」という作りではなくて、曲全体の流れでテーマがあります。

そのテーマを洋楽では大きく分けてコーラスといいますが、レコーディング現場だとコーラスというと合唱ハモりエフェクトのことの方がよく使う言葉なので、共通の解釈をしていないと混乱してしまいます。

邦楽と洋楽の作りの違い

構成邦楽洋楽では捉え方が違うので「Aメロ」「Bメロ」「サビ」という分けられ方はしません。

邦楽のセクション

(「イントロ」「Aメロ」「Bメロ」「サビ」)×2 「間奏」「ブリッジ」「大サビ」「アウトロ
このようなセクションがお決まりの風潮があります。
日本ではCMなど宣伝の時に、数秒で印象に残さなければいけない「サビ」を聴かせるための構成が根強く残っています。
しかし、日本童謡はとても洋楽の作りに似ていると思います。

洋楽のセクション

邦楽に対して洋楽
ヴァース」「コーラス」「ヴァース」「コーラス」「ヴァース」「コーラス
このような楽曲が昔から多いです。
邦楽での「Bメロ」にあたるようなセクション洋楽に入る場合は、それを「ブリッジ」といいます。
洋楽は、サビで聴かせるというより、曲全体で伝えたいことを歌うという感覚なんだと思います。
上記に書いた日本童謡にも、曲全体で「こんな曲です。」という洋楽との共通点があると思います。

ワンコーラスとフルコーラス

一番聴かせたいテーマコーラスということから、そのコーラスを一度聴かせるところまでのくくりを「ワンコーラス」といいます。
その流れから邦楽「Aメロ」「Bメロ」「サビ」1番のくくりをワンコーラスといい、2番のことを2コーラスといいます。

そして、一曲すべての尺のことをフルコーラスといいます。

日本のアーティストは昔から、シングルとして単体で曲を発表します。
しかし、洋楽にはシングルというものがあまりありません。
洋楽のアーティストはアルバムで音楽を表現します。
こういったところも、サビがあるかないかの違いに通じるものがあるんじゃないかと思います。

ま と め

邦楽と洋楽は、長い音楽の歴史から過去の作品を聴いても、やはり特徴が違います。

洋楽は「こうだから、こう歌いたいんだ!」という人間性のストレートな伝え方が、構成に出ているんだと思います。
日本人の特徴として、「こう歌いたいんだけど、こういった部分が実はあるんです。」という保険のようなBメロをサビ前に挟んで、伝えてしまうんだと思います。

人間性で伝え方の構成が変わるというのもまた、アートの一つだと思います。

今回は「ヴァース」をわかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム