『Nexus 3』はEDMの即戦力!使ってみたレビュー

DTM Nexus 3 使い方

こんにちは。マサツムです。

今回はシンセサイザー音源ソフト reFXNexus 3の使ってみた感想を、わかりやすく簡潔(かんけつ)にまとめてみました!

 

Nexus 3 使い方

 

まずはひとこと。

 即戦力で超時間短縮!

特 徴

  • EDMとエレクトロニック・ミュージックに最適なシンセ
  • 分かりやすいエディットの圧倒的な使いやすさ
  • 使えるプリセットが豊富

Nexus 3 使い方

使ってみた感想

初めて触ったのに使い方がすべて把握(はあく)できるくらい親切で分かりやすい
持っているシンセの中で一番音選びがサクサク進みます。

僕はこの「Nexus 3」で初めて「Nexus」シリーズを使いましたが、とても人気で気になっていました。
しかも「Nexus 2」から「Nexus 3」なって大幅に進化したみたいです!
Cubase」や「VIENNA」などを使用する時に必要なライセンスキー「eLicenser」、これがないと「Nexus」シリーズは使用できなかったのですが、「3」では必要なくそのままソフトプラグインとしてインサートできるようになりました。

「eLicenser」が必要なくなった
CPU負荷(ふか)が改善され、とても軽くなった
プリセットの読み込み時間が速くなった
350種類を超える新プリセット
80種類を超えるIR
エディット画面がわかりやすくなった

などいろいろ大幅に向上しています!

 

アルペジエータープリセットも使えるし、作りやすくて良いです。

Nexus 3 使い方

 

 

エフェクトは何がどうかかっているのかが一目でわかって「これはいい!」と思いました。
リバーブ、ディレイもシンセにあった空間系でそのままでも使っています。

Nexus 3 使い方

 

 

レイヤーで音を重ねて足りない成分を追加したり、いらない音をミュートしたりも分かりやすい図で調整できます。

Nexus 3 使い方

 

 

音色は最初は偏(かたよ)ったものしかないですが、公式サイトで好きな音色を購入して追加していく感じです。
膨大(ぼうだい)な数の音色があるのでカスタマイズすれば、かなり自分好みの使いやすいシンセになります

ココが好き!

軽い!音選びがスムーズ!

プリセットの音がすでに使える状態に仕上がっている!

気になった点…

シンセに詳しくもっと細かく調整したい方にはもどかしいかも…。

こんな方にオススメ!

  • EDM、ダンスミュージック系の制作をしている人
  • 分かりやすいシンセを探している人

 

ま と め

いかがでしたでしょうか?
まとめると、「音色の調整で迷う時間が少なくなり、作業効率が上がって時間短縮」です。

Nexus」シリーズは僕も気になっていましたが、ほかのシンセで制作していました。
Nexus 3」を使うようになって半分近くシンセ音は「Nexus 3」を使うようになりました。
シンセは使いたいけど難しくて使えないという人には、とても良いアイテムだと思います。

まだまだ紹介できていない機能はもちろんたくさんありますが、簡潔(かんけつ)に魅力をまとめてみました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

マサツム